手元資金の少ないサラリーマンこそ不動産投資!

不動産投資不動産投資は、地主やお金持ちが資産運用や相続対策のためにするものと思ってはいませんか?

実は昨今ではサラリーマン向けに不動産融資を行う金融機関が数多く認知され、急激にサラリーマン大家さんの人口が増加する環境になってきています。

それらの金融機関は年収800万円以下、自己資金200万円程度の一般サラリーマン層や士業者層向けにも積極的に不動産融資を始めており、比較的簡単に大家業を始めることができるようになっています。

かつては富裕層だけの特権だったマンション、アパート経営が、いまでは広くサラリーマン層へも門戸が聞かれたといえるでしょう。

 

あまり知られていませんが、実は不動産投資は株式投資に比べてもレパレッジの高い投資であり、通常、日本の証券会社で信用取引をした場合、最大で元本の3倍までの株式までしか買うことができませんが、不動産投資は時に自己資金の10倍を超える物件を購入することが可能なのです。
小さな自己資金で大きな資産を持つことができれば、投資効率は自ずと高まり、本業であるサラリーマン収入と比べても少なくない金額のキャッシュフローを比較的簡単に作ることができるのです。

手元資金の少ない不動産投資!ご相談不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・マンション経営>