流動性の低さは不動産の弱点

株式と比べた時の不動産のデメリットの一つは、購入にも売却にも時間がかかることです。

大幅にディスカウントをせずに一般的な市場価格で売ろうとすると、概ね3ヶ月くらいのスパンは見ておく必要があるでしょう。

 

実際、条件の良いものでも、売買を検討し始めてから引き渡しが終わるまで、最低でも1ヶ月以上かかるため、売りたい時にすぐに現金化できないのは、不動産投資に常についてまわる問題なのです。

しかし、街に見合った物件価格サイズを考える、次の購入者もローンを組みやすい物件を選ぶなど、次に買う人のことを考えて買えば、ある程度流動性の低さをカバーできるのです。

常に出口戦略を考え、利回りの高さだけで物件を選定しないことが大事です。