空室リスクの対処法

不動産投資に空室リスクは、つきものです。

しかし、多少条件の悪いアパートやマンションでも適した賃料さえ設定すれば、不思議なことにすぐ満室になります。

これは、シングルタイプ住居の入居者は非常に価格に敏感であり、かつ賃貸物件情報は誰もがネットで自由に検索できるという合理的な市場だからです。

そのため、少しでも割安な物件にはすぐに人が集まります。
逆に、妥当賃料から少しでも高い価格設定をしてしまうと、「こんな条件の良い部屋なのに、なぜ半年も空いたまま?」という事態が発生します。

また、賃料相場を睨んだ価格設定で空室対策を行うことに加え、あらかじめ空室率を控除した利回りを厳密に計算することにより、リスク管理はできます。

常に満室という想定で利回りを計算してしまうと、実際の収益が計算と合わなくなってしまうからです。