サラリーマンの収入の底上げに

景気の停滞局面では賃料収入で安定したキャッシュフローを稼ぎ、おまけに景気の浮揚時には売却で大きく利益を上げるチャンスまであるのが、不動産投資なのです。

特に、景気の停滞局面において月々の賃料収入は、終身雇用が約束されないサラリーマンの経済的な下支えとなる、非常に大きな意味合いを持ってまいります。
不動産投資の場合は初期の物件選びなどさえ終えてしまえば、日々の運営・管理は専門の業者に丸投げ可能で、ほとんど何もしなくてよいというのも大きな魅力でしょう。

 

現在の低金利で借入のできる経済状況、債券など他の金融商品と比較しても魅力的な利回りがあり、日本の不動産は世界中の投資商品と比較しても、もっとも選択すべき投資商品の一つであることは間違いないでしょう。
実際、震災後も外資系の金融機関が日本の不動産を購入するために立ち上げた投資ファンドは数多くあり、虎視耽々と収益機会をうかがっている状況です。

一般投資家よりも情報網の広い彼らから見ても、日本での不動産投資にはチャンスがあると見ているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です